手がしびれる原因はなに?

手が痺れる原因

手がしびれる要因は、たくさんあります。

解決するにはそれを見つけることが必要です。

1.筋肉の問題

筋肉の問題で痺れる原因としては、「胸郭出口症候群」と言われるものがあります。

斜角筋症候群

胸郭出口症候群の1つです
首の前斜角筋と中斜角筋の間を通る腕の神経に繋がる腕神経叢が圧迫されてしびれます。

小胸筋症候群

胸郭出口症候群の1つです
小胸筋と肩甲骨烏口突起の間を通る神経が圧迫されてしびれます

腕の筋肉疲労

パソコンなどで腕を使いすぎると、肩甲骨や前腕の筋肉がガチガチになり、血管を圧迫します。
腱鞘炎と併発している場合が多いです

 

2.姿勢の問題

猫背

猫背は首・背中・肩甲骨の筋肉を固くして血管の流れを阻害します。

肋鎖症候群

胸郭出口症候群の肋鎖症候群と言われており、姿勢の悪さから鎖骨と第一肋骨の間で神経が痺れます。

3.椎間板ヘルニア

首の骨と骨の間にある椎間板が飛び出して神経を圧迫して痺れます。

4.首の歪みの問題

首の歪みが原因で神経の出口を狭くして、それが原因で痺れます。

また、歪みの放置で骨の変形が起き、それが原因で神経を圧迫、傷をつけて痺れます。

まとめ

手がしびれるのは必ず原因があります。

まずその原因を見つけることがたいせつです。

①②③の原因も首の歪みが原因である場合がほとんどです。

手がしびれる方はまず、首の歪みを調べる事をオススメ致します。

その方法はこちら

ストレートネックをチェック

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。