「よくある質問」のQ&Aパート2

「よくある質問」をQ&A方式にしました。

  坂本院長に聞く!受付Hの突撃Q&A!

受付H
では坂本院長、今回もよろしくお願いいたします!
前回、「レントゲンを撮ってから矯正をする理由を教えて下さい。」
という質問にお答えいただきましたが、ちなみに病院で撮影するレントゲンの枚数というのは何枚なんでしょうか?
坂本
首から背中あとは腰から骨盤にかけて7枚撮ります
受付H
おぉ!7枚って結構たくさん撮る感じですね

それだけ撮って放射線は大丈夫なのですか?

今、原発の問題で放射線量がよく取り上げられてて

気になる方も多いと思うのですが・・

坂本
はい、問題ありません例えば日本→ニューヨーク間を飛行機で往復するだけでも胸部レントゲン4枚分程の放射線を浴びているといわれています。

さらに普通に生活しているだけでも年間、レントゲン8~48枚分(2.4ミリシ-ベルト)の放射線を浴びていますので、レントゲンの放射線は妊婦さん以外は、特に気にされなくても大丈夫です!

受付H
そうなんですね。ちょっと安心しました。

でも、放射線をたくさんあびると

病気のなると耳にするのですが、

どうなんでしょうか?

坂本
放射線の影響が出てくるのは、頭部CT検査約200回強分(約500ミリシ-ベルト)を一度に全身に浴びた位の量を浴びた時ですね

この量を一度に浴びると人間は白血球が一時的にかなり減少します

さらに、1000ミリシ-ベルト以上を一度に浴びると倦怠感や吐き気が現れ、白血病やガンになると言われています

人間が死んでしまうのは、7000ミリシ-ベルトを一度に浴びた時ですね。

受付H
なるほど~
レントゲン一枚はどれくらいの線量なんですか?
坂本
頭部のレントゲン1枚で、約0.1ミリシ-ベルト位にしかなりません。
ちなみに、CTってどれくらいか知っていますか?
受付H
知らないです~、どれくらいですか?
坂本
なんと!レントゲンの200倍から300倍くらいになります。
受付H
えっ!そんなに~

CTはできるだけとらない方がいいですね。

坂本
そうですね。よっぽどどこかが悪くない限りは、CTは避けるべきです!検査のやり過ぎが病気を作ると言われているくらいですから
受付H
そしたら、レントゲンはそんなに問題なさそうですね
坂本
なので、皆様には1度ぜひレントゲンをお撮りいただきご自身の体を知っていただきたいです。
人間ドックとともに「背骨ドック」を受けてください
受付H
「背骨ドック」いいですね。皆様一度受けてみましょう!
今回も詳しく教えて下さりありがとうございました!

次回もどうぞ、よろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。