首の痛み・肩こり

首が痛む原因

ストレートネック

・ストレートネックによる筋肉の痛み

6~7kgもある頭を常に支えてる首です。かなりの負担がかかっています。
その上ストレートネックであれば、バランスが崩れさらに首に負担をかけています。

・ストレートネックによる頚椎の関節炎

ストネートネックは筋肉だけでなく関節にも負担をかけています。
あまり関節に負担をかけていると、関節は動かないようにして負担を減らしはじめます。
そうなると、ガチガチ関節となり首の動きが悪くなります。

・ストレートネックによる頚椎の変性による神経の圧迫

関節に炎症が続いていると、今度は首の骨が変性してきます。
その変性した骨が神経にふれて、神経に炎症がおきて痛みがでます。
変性が続くと今度はしびれや感覚が鈍くなってきます。

・ストレートネックによる椎間板ヘルニア

関節に負担をかけていると、間にあるクッションの椎間板がへちゃけてきます。
損も状態がつづくと、クッションの中身がでてしまう椎間板ヘルニアになり痛みが出てきます。

傾き・ねじれ

・頚椎の傾きやねじれによる頚椎の関節痛

頚椎が傾いていたりねじれていると関節に負担がかかり炎症がおきて痛みがでます。

・傾きやねじれによる神経の圧迫

傾きやねじれによって神経が出ている椎間孔という穴が狭くなり、神経を圧迫して炎症をおこします。

・傾きやねじれによる椎間板ヘルニア

傾きやねじれにより、椎間板に負担がかかりヘルニアになります。

肩凝りがひどくなる原因

ストレートネック

・ストレートネックによる筋肉の疲労

ストレートネックによってバランスの崩れた頭を起きている間はずっと支えているので、首肩の筋肉は疲労がたまり、肩凝りとしてあらわれます。

・ストレートネックによる自律神経失調

自律神経が乱れることにより、酸素が行き届かなくなり筋肉にが酸素不足に陥り肩がこってきます。

・ストレートネックによる血管の流れ不足、神経の伝達不足

ストレートネックによって血管圧迫、神経圧迫により肩の動きの制限や血流不足を招き肩凝りが起こっている

栄養不足

圧倒的に「貧血」です

肩凝りは、貧血の主要症状です。

首の痛み・肩こりの治療法

ストレートネック改善

運動

激しい運動でなくていいので、ウォーキングをしましょう!

栄養補給

たんぱく質、ビタミン、ミネラルが欠かせない栄養素です

 

首の痛み・肩こりに関する記事はこちら

パソコンをするとどうして肩こり・腰が痛くなるの?

2018.01.12

寝違えを繰り返すのはストレートネックかも!?

2018.06.19

なぜ、肩凝りはマッサージで良くならない!?

2018.09.10

肩こりは自律神経が原因!?

2018.11.20


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。