腰のヘルニアは注射でよくなる?

Q&Aコーナー

様々な症状に対しての疑問・質問にお答えしていて参ります。

今回は「ヘルニアについて」についてです。

 

Q:病院でヘルニアと診断されました。
今は注射で強い痛みを消していますが、このままでいいのか不安です。
注射を打ち続けても問題ないのでしょうか?

A: ヘルニアについて解説致します…
ヘルニアとは…突出する 又は 飛び出る そして 脱出するという意味です

生卵に例えると 黄身が白身を突き破って出てしまっている状態と同じです

医療機関で診断される 椎間板ヘルニアとは 脊椎から椎間板が脱出したという状態です
その脱出した 椎間板が脊髄神経などを圧迫し 神経障害を引き起こし カラダトラブルを発症させる原因となります

ヘルニアになる要因として…
仕事上に於ける姿勢が引き金となるケースがあります
・ドライバー
・デスクワーク
・静止立位状態

これらは同じ姿勢を長時間 若しくは 長期的に継続することで 椎間板にとって非常に負担を掛ける事になり 且つ 脊椎を構成している関節が不整列であれば より一層 負担が増し飛び出すという現象に繋がると言われます

但し 腰痛 = ヘルニアと思い込んでいる方がいらっしゃいますが 実は 腰痛のおよそ85%は原因不明と言われます

その不明である腰痛の一つの原因として 実施している 首関節の歪みを正しく整列させる「骨格矯正」を施すことで 10人中 およそ8人の腰痛症状が消失します

首関節の歪みは 手で触ってわかることはありません
必ず 提携クリニックにて歪み専門レントゲン撮影にて分析しご説明します

そして 椎間板ヘルニアが原因として腰痛が発症するのは 僅か5%ほどとも言われますので 安易な手術は出来るだけ避けるべきだとも言えます

ヘルニアの原因となる椎間板は 加齢と共に柔軟性そして水分も失い 組織の中で 一番早く老化が進行するとも言われます

椎間板の老化とは 弾力性が失われ 狭小化する事を意味します
もし この状態で腰痛が発症した要因がヘルニアとして痛み止めを使用して原因が解決されることはなく 一時的措置として お考え頂くのが懸命だと思われます

対症療法を利用しながら その他の原因を確認し 改善に向けた処置を実施しなければ 痛み止めに依存し その副作用に悩まされる恐れがあります

その副作用とは…
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・腎臓障害

など 消化器系に腎臓への負担が言われています

強い痛みの際は 痛み止めを上手に使用しながら その他の原因に対してのアプローチを同時に施す事が 改善への近道ではないかと思います

勿論 食事に於いても ヘルニアに悪い食べ物がありますので ご注意ください
・ファストフード
・炭水化物摂取過多
・清涼飲料水
・質の悪いアブラ
・アルコール多飲
・乳製品

偏る食事が様々な問題を起こす可能性を高めますので 姿勢だけではなく食べるモノも意識を向けてください

痛み止めは依存するのではなく上手に利用ください…
 

その他のQ&Aはこちら

最先端骨格矯正ホ-ムページQ&A

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。