膝の痛みと変形性膝関節症を防ぐためには

膝が痛くなって病院に行くと

一般的な膝の治療として

・注射をうつ
・電気治療
・マッサージ
・鍼灸治療
・シップ
などです。

そして、運動をする

運動は順番を間違えると悪化します。

歩きすぎて余計に悪化してしまったケースもよくあります。

これらはあくまでも対処療法なので、1時的に良くなってもまた痛くなってきます。

よくならない、悪化する要因としては
「なぜ、膝が痛くなったのかわかっていない」
ことにあります。

膝が痛くなる要因

大きくわけて二つあげられます

1.筋肉が関係している痛み

2.関節が関係している痛み

筋肉のこりや緊張によって膝が痛くなるケースです。

まず、膝の痛みが出た場合はこちらを疑ってみましょう。
膝上にある大腿四頭筋と言われる前の太もも部分です
ここの筋肉がガチガチによって膝に影痛みや違和感が出ます。

ここを緩めて上げると膝の痛みは楽になっていきます。

何故太ももガチガチになるのか?

それは骨盤の歪みが関係しています
骨盤が後傾することにより、骨盤についている筋肉が縮んで緊張状態になるのが原因です。

左図のような骨盤が後傾した姿勢だと、歩くときに前の太ももに負担がかかる歩き方になっています

この場合は、骨盤の矯正をしていくと太もも前面の筋肉の緊張がなくなります。
緩まると膝の痛みがなくなることが多いです。

太もも前面の筋肉を緩めることは1時的な対処なので、なぜ太ももが硬くなるのかをを見つけて原因からの治療をしていきましょう。

関節の炎症が原因であるケース

関節が痛くなってくると痛みをとるのは難しくなってきます
ひどくなると変形性膝関節症と言われ、歩けないくらいの痛みが出てきます

骨と骨の間にある膝の軟骨がすり減ってしまい、骨同士がぶつかり炎症を起こして激痛になります

あまりひどくなると手術で人工関節に取り替えることになります

変形性膝関節症になる要因

体重増加
加齢
筋力低下
O脚
骨粗鬆症による骨の変形
があげらます。

変形性膝関節症にならないためには

予防が必要です

体重・筋力低下は大きな要因になっています。

その状態が長く続けば加齢ともにどんどん軟骨が減っていきます。

痛くなる前に体重に軽減・筋力UPは意識する必要です!

背骨、骨盤の歪みを放置していると、片方の膝に負担がかかったために軟骨がすり減っていきます

痛くなってからでは遅いので、骨盤の歪みをきちんと戻しておくことをオススメ致します。

軟骨は減ると増やすのは難しくなります。

減らさないように、軟骨成分を補給してあげるのも良いです。
軟骨成分はコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸と水分です

コラーゲンは、タンパク質からできます
しっかり食事でタンパク質をとっていきましょう

グルコサミンやコンドロイチンを摂取するのもいいと思います。

膝は悪化すると、手術しか手段がなくなってしまいます。
早め早めの対策をしていきましょう!

まとめ

膝の痛みは予防が大切です。

痛くなってから歩いても悪化するだけです。
膝の痛みがない時から歩いておくようにしておきましょう。
体重は減らすのが一番ですが、難しいのであれば筋力アップを

膝は歩く度に少しずつ軟骨は磨耗していきます。
何もしなければ年齢とともに軟骨は必ず減っていきます。
それを少しでも減らすことがいつまでも元気に歩くことができる秘訣です。

まずは、骨盤に歪みがあるかを知ることです。
それをしないで歩き出すと悪化します

背骨・骨盤のゆがみを知る方法はこちら

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。