痛みをごまかして原因を放置していませんか?

「痛み」を薬でごまかしている方が多くおられます

薬を良く飲むケース

痛み止め

頭痛

生理痛

この2つは圧倒的に多いです

当たり前のように飲んでいます

その他の薬

胃痛

鼻炎
腰痛
膝痛
めまい

高血圧

などでしょうか

「飲むと治まるからとりあえず飲んでおこう」
「病院で飲むように言われたから飲んでいる」

などで安易に薬を飲んでいることが多いのではありませんか

体のサイン

ここで考えて頂きたいのが、なぜ「痛み」を出しているのか

です

何らかのSOSのサインを伝えるために

「痛み(炎症)」を出しています

薬はこの痛みを消すには、最適な方法です

痛みが酷いときは一時的には必要な場合あります

あくまでも急性時です

ここで重要なことが「痛みがなくなって治った」と勘違いしないようにしてください

痛み(炎症)を脳が感じにくくなっただけです

痛みの箇所は炎症が残り燃え続けています

【薬の悪いループ】

頭痛が酷くて薬飲んで楽になった
  ↓
頭痛が治った
  ↓
普段通りの生活
  ↓
また、痛くなってきたから薬
  ↓

楽になった

を繰り返す

耐性も出てくるので飲む量も増えてきます

良くないのが「痛くなるのが嫌だから予防で薬を飲んでおこう」です

こうなると「薬中毒」になっています

痛み止め

「痛い箇所」だけに効くわけではありません

他の痛みも感じなくなるということです

腰痛

膝痛

肩こり

があったとしても感じにくくなっています

最初にお伝えした通り痛み(炎症)は体のSOSです

SOSを感じることができないということです

そのSOSを放置すればいずれ大病に繋がります

・病気であればガン

・痛であれば椎間板ヘルニア

・首の痛みであれば手のしびれ、マヒ

痛み(炎症)を感じたら行うこと

炎症を抑える

痛みが出る前に「炎症」が起きていま

応急措置として「冷やす」ことは有効ですシップではなく直接、氷や保冷剤などで痛みの箇所を冷やしてあげる

原因を見つける

痛みが出るには必ず原因があります

・食べ過ぎた
・飲み過ぎた
・使い過ぎた
・同じ姿勢を続けた
・重いものを持った
・変な姿勢をした
・パソコンをし過ぎた
・スマホを見過ぎた
・激しい運動をした
・歪みで関節に負担がかかった

これらの要因で筋肉や関節・内臓に炎症が起きて痛みを出しています

はっきり原因がわかっていればそれを

やめるもしくは減らすことが必要です

原因がわからければ調べることです

体の痛みであればレントゲン
ストレートネック
骨盤の歪み

体の痛みは「骨格の歪み」が原因であることがほとんどです

内臓・血管であれば血液検査

まとめ

薬で抑えることは簡単です

すぐに楽になることも多いです

でも治しているわけではないこと忘れないでください

いずれ代償として、もっと大きな痛みや病気へと繋がります

大きな火事になる前に、「自分で消せる小さな火」の時に対処しておきましょう

その方法は調べることです

徹底的に調べてください

その方法はこちら

ストレートネックチェック

 

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

Hal-Cureは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。