あなたの症状は本当に更年期障害?

50歳前後の年齢
閉経後

で様々な不調が出たので

病院へ行くと「更年期障害です」

と言われ薬を処方されて終わり

でも良くならない

なんで?

となってる方が多くおられます

そんな場合のほとんどは更年期障害でないかもしれません

 

どうしても気になる方はホルモンの検査をすればはっきり分かります

ホルモンの分泌に問題があれば、更年期障害になります

何が原因?

自律神経の失調

一般的に自律神経が失調する原因として

ストレス
睡眠不足
夜型の生活
休みの日に遅くまで寝る
暴飲暴食
運動不足

などがあげられます

それに加えて50歳前後の女性は女性ホルモンの分泌が極端に減ってしまいます

ただ、自律神経が正常に機能していれば上手く身体が調整してくれます

それができないために

キツイ症状が出ます

・通常の自律神経失調の症状
・女性ホルモン分泌減少の影響

この2つが重なると更年期障害と同じような症状が出てきます

しかし、まったく症状が出ない方もいます

その特徴としては

自律神経が正常に働いている
栄養状態が良い
運動をしている
姿勢が良い
少しふくよか

症状が出ないために行うこと

自律神経を正常に働いてもらうには

ストレス解消

ストレスがあると自律神経は乱れます

ストレスがあるかないかどうか分からない方は、血液検査で分かります

一度調べてみるもアリです

頭痛、肩こり、腰痛、しびれなどがある場合にも
ストレスがかかるため、我慢せずに解消しておくべきです

生活の乱れを正す

夜型の生活
休みの日に遅くまで寝る
暴飲暴食
運動不足

などがあればすぐやめることです

生活の乱れは自律神経が乱れる大きな要因です

運動といってもウォーキングで十分です

姿勢を良くする

自律神経正常化と姿勢を良くするために行っていただきたいことが

ストレートネックの改善です

ストレートネックがあると、姿勢が非常に悪くなります

そして、自律神経が乱れます

ストレートネックと自律神経の関係については
こちらをご覧ください

ストレートネックの意外な症状(自律神経の失調)

2020.07.06

栄養状態を良くする

統計的にガリガリの方はきつい症状が出やすくなっています

少しふっくらしてる方が症状が軽いそうです

その要因としては、栄養不足が考えられます

ホルモンを作成するにはタンパク質、コレステロールが必要

材料が足りなければホルモンが必要数作ることができずホルモン分泌が減少します

また、ホルモン分泌は自律神経の司令塔である脳幹が行なっています

脳はホルモン分泌を促しているのに、足りていないというフィードバックが返ってくると
脳幹が混乱して自律神経が乱れます

自律神経が乱れるとホルホン調整がうまくいきません

この悪循環により様々な症状が出てきます

まとめ

調子が悪くなってから対策しても遅いです

自律神経、ホルモン分泌、ストレートネックが改善するには時間がかかります

調子が悪くなくても40歳を過ぎたら必ず対策しておくべきです

首の状態をチェック
栄養状態をチェック

この2つをまず行ってください

自分自身の状態を知らなければ、対策のしようがありません

 

ストレートネックかどうか気になる方は
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ストレートネックをチェック

 

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日
[/su_no 

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。