シップで体の調子が悪くなるってホント?

痛み止め剤の効果は炎症を消して痛みを沈めると言う役割を持っています

あらゆる痛みに対して効果があるため病院ですぐにこの薬を出してくれます

有名なところではロキソニンやインドメタシンなどがあります

ロキソニンは体に悪いと言う事はなんとなくわかっている方は多いと思います

頭痛にロキソニンは有効?

頭痛がひどくなると痛み止め飲んでいるのが現状です。
たしかに、飲めば頭痛は楽になります。

あくまでも急性的にひどくなった場合は多少は仕方ないと思いますが、慢性的に飲み続けることはやめてください。

鎮痛剤ほあくまでも痛みをごまかしているだけということを忘れないでください。
そして、痛み止めは頭痛だけに効くのでなく、全身にも影響するのです。

頭痛は痛み止めでなくきちんと原因を見つければ良くなります
薬に頼らず原因からの治療をして参りましょう。

シップが身体に不調をもたらす?

消炎鎮痛剤として忘れてはいけないのが湿布です

湿布は大丈夫だと思っていませんか?

湿布は安易に手が入りすごく使いやすいものです

しかし、この湿布も同じ消炎鎮痛剤です

肩こり・腰が痛い・膝が痛い・足が痛いなので湿布を貼ることが多いと思います

この湿布を貼ることによって体の不調が出てくるのです

頭痛が出るようになった
便秘になった
高血圧になった
不眠症になった
胃の調子が悪くなったなど
様々な不調が出てくることが多いです

これは消炎鎮痛剤が交感神経を優位にすることが原因で起きていま

交感神経が優位になると胃や腸の粘膜が破壊されて胃炎や大腸炎の原因になります
また、別の薬を飲むことになり悪循環に陥り、湿布を貼るくらいの症状だったのが、どんどん身体が悪くなっていく事態になりかねません。

消炎鎮痛剤は血流を遮断する治療ですから痛みは止まるけれど薬の効果が切れて血流が戻るとまた痛くなります
そして、血流低下により組織の修復が遅くなり炎症が慢性化します

まとめ

湿布薬だからといって安易に貼る事はお勧めいたしません

腰痛や膝痛等で痛み止めや湿布を貼って痛みを止めるのではなく、痛くなった原因を見つけてそこに対処することが大切です

そうしないと原因が良くならない事はもちろんですが、また別の病気を自ら作ってしまいます

痛みが出たらまず調べるということを徹底することが大切です


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日
 

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。