時々明方にこむら返りになり、激痛に襲われます。こむら返りにならないの方法はありませんか?

Q&Aコーナー

様々な症状に対しての疑問・質問にお答えしていて参ります。

今回は「こむら返りを防ぐためには?」についてです。

Q:時々明方にこむら返りになり、激痛に襲われます。ふくらはぎに釘を刺された様に痛いです。こむら返りにならないの方法はありませんか?

A:

こむら返り = 筋肉の過緊張

特に 就寝時の時間帯に多く現れる現象ですこむら返りが起こらない方法があるとするなら
血液検査にて栄養素の状態を確認することが重要だと思います

一切「こむら返り」が起こらない方法はありません

一つの原因に…

マグネシウム不足が考えられます
マグネシウムとは 栄養素である ミネラルの一種

このマグネシウムは カルシウムと共に 筋肉の収縮と弛緩をスムーズに行う為に必要不可欠な栄養素です
この栄養素の不足により カルシウム・マグネシウム バランスが崩れることで 筋肉の収縮と弛緩がスムーズに行われず 筋肉が収縮したままの状態となり 「こむら返り」という現象が発生します

その他の栄養素では 低カリウム血症と言われる「カリウム不足」
この原因として 大量のアルコール飲酒や下痢 そして 高血圧で使われる利尿薬などがあります

これらの要因として

血液の濃縮 即ち 脱水も考えられます血液濃縮やマグネシウムなどの栄養素状態が分かる栄養検査はこちらをご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mibyo.strikingly.com/

栄養素不足以外で骨格的に考えられるのが
頚椎の歪みが原因となり 骨盤の関節に負担がかかり 可動域が狭くなり 筋肉の収縮及び弛緩がスムーズに行われず 疲労物質が代謝されずに 血液循環悪化に伴い 体温が低下し 筋肉の収縮が一層強くなり「こむら返り」が起こるメカニズムも考えられます

頻繁に起こる「こむら返り」は安易な対症療法は危険が伴います

その理由として…心臓疾患が考えられるからです

栄養検査にて栄養素の状態を確認 並びに 頚椎そして骨盤の歪みを確認される事をお勧めします

 

最先端骨格矯正Q&A

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。