脊柱管狭窄症ってどういうこと?

脊柱管狭窄症とは?

腰が痛くで病院へいくと最近言われて帰ってくる言葉がこれ

「脊柱管狭窄症ですね」

腰痛で原因がよくわからない時は、大体使われます。
脊柱管内にある腰の神経に何らかの原因で炎症を起こし、痛みやシビレがでています
しびれや痛みがなければ、何年も気づかないことがあります
かなり狭くなってしまった状態で発見!とういことはよくあります

脊柱管狭窄症はこんな状態

脊柱狭窄症でおこる症状

・腰痛
・足のシビレ
・関節痛
・座骨神経痛
・歩きにくい
・足の感覚が鈍い
などがあげられます。

脊柱狭窄症の原因は?

靭帯が厚くなる
骨の変形
のどちらかがほとんどです
どちらも炎症が起きた結果、靭帯、骨に変形が起きる
関節への負担が炎症の要因
ストレートネック
骨盤の歪み

こういった歪みが要因になります

脊柱狭窄症を改善するためには

手術

脊柱管内の背骨の変形による棘骨がひどい場合は削ることは必要になります。
腫瘍が要因のこともあるので、検査は必要です

ゆがみ矯正

 骨が変形する要因に、歪み(ストレートネック)が関係します。
歪み放置が関節に負担をかけ、炎症につながり骨が変形していきます。
歪みを戻していかに関節に負担をかけないかが重要です
ストレートネック背中痛

食生活改善

食生活に問題があると骨の変形が進みます。

特に、甘いもの、炭水化物、飲酒は要注意!
これらは、動脈硬化の原因にもなります。

糖とタンパク質がくっつき糖化を起こします。
それが酸化して血管を傷つけるのです。

その傷を修復するためにカルシウムが必要になります。

そのために血液中のカルシウムが不足するために、骨を溶かして補充します

その結果がこれです↓

ストレートネック放置

まとめ

柱管狭窄症は骨の変形が原因があることがほとんど

年齢だけのせいでだけではありません

歪みを放置したまま、年齢を重ねた結果です

いかに早く歪みを見つけて、改善していくかが重要になります

歪みの検査はこちらから

ストレートネックをチェック

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。