椎間板ヘルニアがまったく気づかないことがあるってホント?

ホントです

椎間板ヘルニアになっていることに気づかずに過ごしている場合はあります。

なぜ、気づかない?

痛み

痛みは、椎間板ヘルニアで椎間板が外に出てしまうことによって炎症が起きた結果、神経が痛みを脳に伝えます。

この炎症が起きなければ痛みはなくヘルニアになっても気づかないことになります。

ヘルニアの出た量であったり、出る場所によって、痛みを感じなくいつの間にか治っていることはあります。

しびれ

しびれは椎間板が外に出たところに神経ごあれば神経を圧迫してしびれます。

椎間板ヘルニアが出たところに神経が無ければしびれは起きません

椎間板はゼリー状の水分ですので時間が経てば水分がなくなり縮んでいきます。

何もしなくてしびれがなくなった場合は、縮んで神経への圧迫がなくなったと考えられます。

痛みがないから放置してても大丈夫?

ダメです!

痛みやしびれがないから問題がないと思ってはいけません

椎間板ヘルニアになったということは、椎間板が外に出たということです。

とういことは・・

椎間板が減るのです。

椎間板は関節の働きとして重要な役割があり、無くなるとスムーズな動きができなくなります。

そして、動くたびに痛みが出たり、しびれたりしまいます。

完全に無くなると手術になり、上下の骨をくっつけて動かなくします。

こんな方は要注意!

レントゲンを撮ると「椎間板が減っています」と言われたことないですか?

あれば、椎間板ヘルニアになっていた可能性が非常に高いです。

ヘルニアが出た残骸が残っている場合もございます。

痛みやしびれがないから問題ないではなく、椎間板ヘルニアの形跡があったならば、今後ならないように対策しなければなりません。

もちろん痛みやしびれがあるのであればすぐに改善しなくてはいけません。

椎間板ヘルニアを防ぐためには?

椎間板ヘルニアになる方の骨格の状態がこんな感じです。

骨盤と腰にゆがみがある

腰のカーブとストレートネック

腰のカーブがなくなった腰

この2つの状態だと

いつか椎間板ヘルニアに可能性がかなり高い状態です。

詳しい椎間板ヘルニアの説明はこちらで

椎間板ヘルニア

2017.12.18

骨盤・腰の歪みを改善すれば椎間板ヘルニアになる可能性はかなり低くなります。

まとめ

椎間板ヘルニアは気づかないうちになっていることは多いです。

なったことがあるかないかはレントゲンをとればわかります。

ご自身のはどうか?を今後のためにも確かめることをオススメ致します!

その方法はこちら

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。