体のだるさや疲労感はストレートネックのせい!?

体の疲労とストレートネックの関係

ストレートネックだとなぜ疲労するのか?
を知って頂き、原因の1つとしてしっかり対処をして頂きたいです。

首の筋肉疲労

一番分かりやすいのは、筋肉疲労だと思います。
その中でも、首の疲労が一番きついです。

 ストレートネック

ストレートネックだと首が下に傾くにしたがって、首へ負担が増えていきます。
30度下を向いている状態で約20kgが首にかかります。
さらに傾けば25kg、30kgと増えていきます。

猫背ストレートネック

そんな状態が続けば首や肩の筋肉は頭を支えるためにずっと緊張しっぱなしでガチガチになります。

首肩がガチガチになれば脳への血流が悪くなり「脳疲労」にもつながります。
さらにひどくなれば脳梗塞にもつながりかねません。
ガチガチは放置しないようにご注意ください。

首から背中に移り腰まで筋肉は疲労していきます。

体全体の疲労感

自律神経

疲労が残るのは自律神経が大きく関係しています

自律神経は、意思とは関係なく生きていくために必要な体の動きを全て担っています。
血流、呼吸、消化、免疫や睡眠にも関係してきます。

人間の疲労は睡眠中にでるホルモンによって回復してくれます。
その条件として睡眠に質も重要になります。
ホルモンと自律神経の関係も深く、どちらかに問題があると影響を受けます。

睡眠に大きく関係しているのは自律神経です。

自律神経が正常に働くことによって、人間本来持っている自然治癒力を発揮できるのです。

疲労回復のコツは、自律神経の働きを良くして質の良い睡眠をしっかりとるかがポイントです。

自律神経は首の歪みとの関係は非常に深いです。
自律神経の司令塔の脳幹は首上部にあり
睡眠に関係する副交感神経は首から出ています。

詳しくはこちら

この2つに問題があると、自律神経の働きが弱り睡眠の質に影響します。

「私、8時間寝ています」と言っても疲労が残っていれば質の良い睡眠ができてない可能性が高いです。

まず、自分の自律神経の働きはきちんとできているかを確かめるためにも「ご自身の首の歪み」を一度チェックしてみてください。

栄養状態

栄養不足は大きな要因となります。

たんぱく質不足

コレステロールが不足してホンモンなどの材料不足
酵素も不足して体の疲労がとれにくくなります。

ビタミン・ミネラル不足

免疫のバランスが崩れ、自律神経に影響します。
貧血も自律神経のバランスを崩す要因となります。

特にビタミンB不足は疲労物質の「乳酸」を多く作るので疲労を感じやすくなります。

また、エネルギーも不足するので「体のだるさ」を感じやすくなります。

疲労感・だるさをとるためには

ご自身で何かを始める前にまずは「自分の体を知る」ことです。
知ってから、効率よく対処致しましょう!

首の状態を知るのはこちら

ストレートネックをチェック

栄養状態を知るのはこちら

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。