慢性的に疲労がとれない原因は酸素不足!

ストレートネックと疲労

慢性的に疲労がとれない原因

原因はたくさんあります。
そのうちの1つとして今回は酸素不足について

何故、酸素が不足すると疲労がとれないのか?

酸素不足で影響が出るのが細胞にあるミトコンドリアです
ミトコンドリアはエネルギーを作るところです。
酸素を使ってエネルギーを作って体を元気にしてくれます。
 
酸素が足りないと、酸素を使わずにエネルギーを作る回路にまわされます。
 
が非常に効率が悪く少しのエネルギーしか作れない上に、乳酸という疲労物質を作ってしまいます。
 
効率の良いエネルギー生産=32ATP
効率の悪いエネルギー生産=2ATP
 
これが疲労がとれない原因となります。
いかに酸素を取り込んで乳酸を作らないようにすることが大切です
 
もちろん、エネルギーが不足するとすぐに疲れますし、元気もなくなります。

酸素が不足する要因

貧血

貧血で一番の問題は酸欠です。
ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割があります。
鉄やタンパク質不足によりヘモグロビンが作られなくなるのが貧血です。
貧血である場合は、まず貧血改善が急務です。

自律神経失調

交感神経が優位になると、心拍数が上がり呼吸が浅くなるため、酸素が足りなくなります。
交感神経が優位になっている時間が長いと慢性的に酸素が不足します。
 

栄養不足

 
エネルギーを作るためには、酸素ともう1つ重要なものがあります。
 
ビタミンB群です。
 
エネルギーを作る過程でビタミンBが必ず必要となります。
 
ビタミンBが不足すると、効率のよいエネルギーが作れずに、乳酸をたくさん作ってしまいます。
 
ビタミンBは、腸の調子が悪い場合や甘いものが好きな方は不足しがちになるのでご注意ください。
 
また、鉄不足でもエネルギーが作れなくなるので貧血の方は要注意です。
 

疲労が溜まりにくい体にするためには

 

貧血の改善

貧血は自覚してない方が多いですが、月経がある女性は、ほぼ「貧血」だと思ってください。
今までの検査で100%皆さん貧血です。

女性は特に疲れが取れないのは貧血だと思って対処しましょう!

自律神経の調子を整える

 
自律神経に関しては、首の歪みとの関連が非常に強いので、まずは首の歪みを確認してみましょう!
 
首と自律神経の関係についてはこちらで詳しく

ビタミンB群を補給する

 
ビタミンBを意識して取ると体を疲れにくくなるのを実感しやすいです。
 
食べものだと、豚肉やナッツ、レバー、卵、納豆など
に多く含まれますがどうしても偏ってしまうので、
サプリメントでビタミンB群として取ることをおすすめ致します。
 

まとめ

慢性疲労には、いろいろ要因が絡んでいるので一つ一つ、原因を取り除いていくことが大切です。

ハルキュアでは

自律神経失調には、骨格の検査

ご自身の歪みをチェック!
ストレートネックをチェック
貧血には血液検査
栄養の状態を知る方法はこちら
この二つで原因を見つけていきます。

「なかなか疲労がとれないんです」という方が周りにおられたら、ぜひ検査をオススメください。

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。