腰のカーブがないことが「腰痛」を長引かせる原因だった!

腰のカーブの必要性

人間の背骨は横からみるとS字のカーブがございます。


頚椎が前のカーブ、胸椎が後ろのカーブ、腰が前のカーブです。

腰のカーブの役割

地面からの衝撃を吸収するクッションになってくれています。

クッションがないと、衝撃がすべて腰の4番・5番目の骨に受けてます。
腰の負担が増大します。
腰の椎間板ヘルニアが4.5番目に多いのは、このためです!

また、寝てる時に腰のカーブがあることにより全身への血液循環がスムーズに行くため、疲労回復に繋がります。ないと朝起きた時に腰が痛くなります。

腰のカーブがなくなるとどうなるか?

椎間板ヘルニアになる

カーブがないことにより、椎間板が押し出されやすくもなります。

これが、「椎間板ヘルニア」の最も多い原因です。

ぎっくり腰になる

カーブがないことにより、腰に負担がかかり筋肉の疲労が取れにくくなるため、ぎっくり腰の原因になります。
ギックリ腰を繰り返す方のレントゲンをみるとだいだい腰のカーブがありません。

骨盤ゆがむ

カーブないとバランスが崩れるのはもちろんですが、骨盤にも影響してきます。
腰のカーブがない骨盤がゆがんでバランスをとるため、骨盤がゆがんできます。

腰の筋肉がガチガチにかたくなる

腰に負担がかかっているのですから、筋肉もガチガチになります。
こうなると、マッサージしてもなかなかとれません!
慢性腰痛、何十年も腰痛持ちの方はおそらく腰のカーブがありません!

走ると腰が痛くなる

クッションがないために腰が痛くなる。
走って腰が痛くなる方は、腰カーブをチェックしてみましょう!

冬になると腰が痛くなる

腰の筋肉が硬くなったままのので血流が悪くなり、冷えると痛みが出てきます。
足の冷えにもつながります。

腸の調子が悪くなる

腸は腰から出ている神経で動いているので、歪みに神経の流れが悪くなれば働きも悪くなります。

何故カーブがなくなるのか?

1、運動不足

腰の正常なカーブを保つためには、お腹の筋肉が必要となります。
カーブを維持するには腸腰筋いう(腰から骨盤にかけてある筋肉)が重要な働きをしてくれます。
この筋肉は歩くために必要な筋肉です。
歩き不足の方は、この筋肉がないため腰のカーブをキープ出来ない状態です。

2、首のゆがみ

首のゆがみ(ストレートネックや逆のカーブ)になるとバランスをとるために、腰のカーブもなくなってきます。

腰のカーブをつけるためには?

カーブがなくなる原因を取り除けばカーブが付いてきます。

運動する

歩くことをオススメ致します。
腸腰筋をつけることにより腰のカーブがついてきます。

腰痛予防にもなるので、まずは歩くことを意識してください。

首の歪みを戻す

ストレートネックが原因なので、歪みを戻してあげれば腰のカーブが戻ってきます。

骨盤の歪みを戻す

骨盤のゆがみもあることが多いので、それも戻してあげる方が良いです。

まとめ

特に男性に腰のカーブがない方が多いです。
腰痛が多いのも頷けます。

慢性腰痛、朝の腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニアの要因となるので、ご自身の体を一度チェックしてみてください。

その方法はこちら

 


兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日

ABOUTこの記事をかいた人

ハル・キュアは最先端骨格矯正を導入している、神戸で唯一のサロンです。 主に、ストレートネック・骨盤のゆがみを専門で、骨格矯正をしております。 【鍼灸師の国家資格保有】 もう、良くならないとあきらめてしまっている方が、まだまだたくさんおられます。 そういう方に、この最先端骨格矯正を知っていただき、少しでも手助けできるように、出身地である神戸、そして兵庫県に広めていきたいと考えております。